広島市東区温品の内科、循環器内科 小畠クリニック

TEL.082-289-0364

〒732-0033
広島県広島市東区温品1丁目3-2フォレオ広島東1F

MENU

循環器の病気から生活習慣病、風邪まで幅広く診療
通院の負担に配慮し、お薬は長期処方も可能です

お知らせ

診療カレンダー

2020年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
2021年 1月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休診日

午後休診

祝日

小畠クリニックの方針

01
お薬のための通院回数を減らせるよう、経過を見ながら長期処方を目指します。
02
症状の原因をしっかりと見きわめ、余分なお薬や治療は控えます。
03
患者さんの不安を親身に受け止め、お薬の管理などまで丁寧に説明します。

診療案内

医師紹介

院長 小畠 眞

循環器の診療を中心に、生活習慣病や風邪などを幅広く診療。頻繁に通院する負担に配慮し、お薬はできるだけ長期処方にしています。また、基幹病院との連携もしっかりと行い、必要に応じてよりよい治療環境へとご案内します。なお、病院で治療後のアフターフォローにも力を入れ、通院が困難な方への訪問診療も行っています。

今後も頼りがいのある地域の健康相談窓口となれるよう、尽力してまいります。

医師紹介を見る

院長の想い

患者さんが頻繁に来院する負担に配慮し、長期処方に努めています

当クリニックでは、頻繁に通院する負担を減らすため、お薬をできるだけ長期処方にしています。ただ、そのためには、例えば高血圧症や糖尿病などの場合、処方したお薬がきちんと作用しているかをチェックする必要があります。まずは、お薬を1週間くらい飲んでいただくのですが、服用前後に血液検査を行い、お薬の作用・副作用を入念に確認します。

そうしたうえで、1週間から1カ月、3〜4カ月と少しずつ通院のスパンをのばしていきます。なお、飲み忘れがあると、症状に見合った薬の選別や量の調整に支障が出てしまうため、お薬がなくなる日にちと次回診療日を書いた紙をお渡しして注意をお願いしています。

また、点滴治療などその場限りの治療よりも、しっかりと症状が改善していくような治療を目指しています。

院長
院長
院長の想いを見る

クリニック案内

小畠クリニック

〒732-0033 広島県広島市東区温品1丁目3-2フォレオ広島東1F
TEL.082-289-0364
FAX.082-573-0070

 
09:00~12:00 / /
15:30~18:00 / / / /

※受付時間 8:30~12:00 15:15~18:00

休診:水曜午後、土曜午後、日曜祝日

クリニック案内を見る

アクセス

最寄駅 芸備線矢賀駅 車10分
広島駅 車16分
最寄バス停 広島バス(29番) 万休寺前停留所 下車徒歩約徒歩9分
駐車場 駐車場有り(900台)共用
目印 フォレオ広島東店 ウェストゾーン1F
アクセスを見る